カテゴリー
FX 投資

どのチャートを見るのか、何を判断基準とするのか

トレーディングの仕方はさまざまで、戦略や作戦はトレーダーの数だけありますがほとんどの手法には、少なくともトレーダーの心理的行動を元にした判断基準やプライスアクションの原則などといった概念、そして個人的な視点に基づいたものなどが取り入れられていることでしょう。

ただ、トレーディング全般に言えることとして、スキャルピングはチャートを何枚か見たくらいで出きるようになるものではありません。

トレーディングという仕事を一獲千金の方法だと意気込んで始めたスキャルパー(スキャルピングする人の事)が、瞬く間に大金を失って落胆してから自分の愚かさに気づく、というのはけっして珍しいことではないのです。

日々トレードを繰り返し、思い悩んでいるトレーダーならばだれでもテクニカルチャートを使って戦略を立てるのと、実際に実行した結果が一致することは少ないということを経験していると思います。

実際にトレードする際、事前に分かっている情報だけで決まるものではなく、さまざまな要素があり、そのすべてが関係して推移していくものだからです。

どのチャートを見るのか、何を判断基準とするのか

ですがスキャルピングの戦略の中心がテクニカルチャートであることは間違いありません。スキャルパーにとって必要な情報は大方この1画面のグラフのなかにあるといえるでしょう。

そして意欲的なスキャルパーは、チャートのプライスアクションの注視する必要があります。

ただ、そのためにはどのチャートを見るべきなのでしょうか

チャートは無限にあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。スキャルピングをする上でまずなにより大事なのは値動きの激しさと時間です。 1日で何回もチャンスを提供してくれる程度に短い動きをしており、そして情報を確認しそれを反映しながら判断が可能な確認できる程度の間がある動きをしているもの。 時間の余裕がありながら、値動きがしっかりあるという絶妙なバランスをもったチャートを見つける必要があります。

すべてのチャートは需要と供給の果てしないせめぎ合いを容赦なく映し出しているが、チャートの枠組みにも独自の脈拍があり、それは平均的な動きの長さや、ブレイクまでの圧力のビルドアップ、トレード可能なパターンの有無、典型的なダマシが現れるかどうかなどで測定することができる。 そして、どのチャートを使うかを決めたら、それを使い続け、徹底的に研究し、その息づかいや動きや流れを学んでその脈拍を理解することが重要だ。

私は、研究に値する素晴らしいチャートとして、70ティックを勧めている。これは通常の時間枠とは違う。

70ティックチャートは、出来高に関係なく70回約定(ティック)するたびに新しい足が作られるチャートで、ユーロ/ドルならば1日で簡単に2000~3000本の足ができる。

このチャートは、30秒足のチャートと非常に似た形で推移することもあるが、出来高が増えると独自の形を形成していく。

注意ティックチャートの設定を調整できる機能はすべてのチャートソフトにあるわけではないため、申し込む前に確認することを勧める。

さらに、実際のティックのカウントは、チャートに連動しているデータの入力状態によるところが大きい。 FX市場には取りまとめをしている取引所がないという性質上、件数や出来高に絶対的な値はなく、プロバイダーによってデータが異なる場合がある。

自分の画面のティック数をProRealTimeのチャートと比較して、その妥当性を確認しておくのもよいだろう。

ただ、数字がある程度近ければ十分なので、あまり心配しなくてよい。

実際、ティックを65~75程度に設定してあれば、パターンやトレードチャンスに大きな違いは出ない。 チャートソフトによってはティックを40や100やそれ以上に設定しなければならない場合もあるが、これはチャート会社が入力データをどのように処理しているかによって変わってくる。

自分のチャートの足をまわりと比較するときは、チャートの下の時間の目盛りと足の平均的な長さに注目するとよいだろう。

マーケットが静かなときは、多くの足が2~4ピップスの長さで推移し、はっきりとしたトレンドがあればそれを大きく超えるときもあるが、たいてい長くは続かない。 ひとつの方法として、ティックの数を30秒足チャートと似た水準にするという方法もある。

ちなみに、アジアの市場の時間帯は1時間当たりの足の数がヨーロッパやアメリカの時間帯よりもかなり少ない。 ティックの設定はマーケットが活発な時間帯に行うほうがよいということも覚えておいてほしい。

ティックチャートには、一定の時間で作られる足(1分足、5分足、30分足など)のチャートよりも間違いなく有利な点がある。 まず、パターンがコンパクトにまとまっていて、分かりやすい。

トレーディングが活発でないときに、意味のない足を何本も示して無駄なスペースをとることはないし、動きが活発なときは十分なデータを示してくれる。 70ティックの設定は、魔法の数字ではないし、最高の設定というわけでもない。

そんなものは存在しないからだ。

情報源の選び方は個人的なことで、使っている戦略の特徴にかかわるところが大きい。

そして何よりも、チャートはスナイパーのような正確さでトレードのタイミングを計れるものでなければならない。

その意味で、70ティックチャートならばスキャルピングに必要なユーロ/ドルの脈拍を驚くほど正確にとらえることができる。 チャートの足をたどっていくのは、カラフルなバトントワラーが行進していくのを眺めるのと似ている。

多くの場合、価格の動きは混とんとしていたり、複雑だったり、少なくともかなりバラバラだったりするが、よく観察すると本当の変数はかなり限定されている。 突き詰めれば、振り付けの数はさほど多くなく、それが繰り返されているにすぎないからだ。

そこで、このプライスアクションが繰り返すという傾向をつかんで予測すれば、タイミングを賢く計って仕掛けたり手仕舞ったりすることが可能になる。 70ティックチャートは動きが速いチャートだが、多くのトレーダーが使っている時間枠のチャートからまったくかけ離れてしまうほどは速くない。 これは極めて重要なことだ。

ほかのプレーヤーがあとに続いてくれないと、マーケットは目標値に達しないからだ。 賢いスキャルパーは、原則としてほとんどのトレーダーが同じ状態を見て、同じトレンドに乗り、同じようにプルバックを見つけ、同じようにブレイクで仕掛けることを望んでいる。

そうすれば一気にその裏をかけるからだ。

その点で、70ティックチャートならばその1枚を見るだけで適切な判断を下すために必要な情報をすべて得ることができる。

1本の移動平均線以外に画面を煩雑にする指標などもない。 スキャルパーには、前日の高値や安値、大きな時間枠でトレンドにあるかどうかや、前日の主要な抵抗線や支持線に近づいているかなどという情報は必要ない。

実際、ほとんどの場合において、何時間か前に起きたことすらまったく意味がないのだ。 スキャルパーには、約1時間半の価格の推移を一度に見ることができれば十分なのである。

むしろ、それ以上の情報をチャートに詰め込もうとするとデータが矛盾し始める。

仕事が滞らないようにするためには、判断過程を複雑にするよりも、単純にしておいてほしい。 仕掛けについてテクニカル的に言えば、学ぶべきセットアップは7つしかない。

これらのパターンが、こスキャルピングの手法の核となる。 7つのセットアップは、実際のマーケットにおける例と共に詳しく説明していく。

また、仕掛けや手仕舞い手仕舞いについては、ピップス単位で詳しく紹介する。

仕掛けのパターンのなかには、強気用と弱気用があり、それぞれが買いと売りに適している。 トレードは、トレンド、カウンタートレンド、レンジなどどんな場面でもできる。

目的が素早いスキャルピングだけならば、えり好みする必要はない。 いつ、どんな局面でもトレードできることが、スキャルパーの特権なのである。

カテゴリー
FX 投資

勝っている理由を分かっている時こそ、気を付けなければならない。投資心理を知る

「分かっている」と自分を納得させるか、そういう感情に屈すると、勝っているときに利食いに最も適した価格や時間に気づくことも非常に難しくなる。

勝っている状態は永遠に続くわけではない。 価格はいつまでも一方向には動かない。 ほぼ確実にそうならない要因がいくつかあるのだ。

勝っているときに利益を最大にするためには

  • ①利益目標に達するまでトレードを続ける
  • ②可能なかぎり利益を最大限にするために、利益目標を超えてもトレードを続ける
  • ③同時に、相場が利益目標に達しないか、もうトレード方向には動きそうにないという水準まで逆行したときに、含み益の減少を最小限にとどめることとの微妙なバランスをうまく取れるようになる必要がある。

勝っていると気づくのは簡単だ。

それとは対照的に、含み益をあまり減らすことなく「利を伸ばす」のは、極めて高度なスキルである。 適切な助言もなく、このスキルを学んで磨き上げるには通常、何年もかかる。

この高度なスキルの最も洗練された水準では、相場が利益目標に達するか、思惑どおりにもっと動くかを見極めるために、含み益のどれくらいをリスクにさらすかの判断を果てしなく続ける必要がある。

これらの判断のいずれにも使える資金管理やテクニカル戦略はいくつかある。

だが、それらのテクニックを効果的に使うためには、かなりの客観性が必要だ。

つまり、資金管理とテクニカル面の戦略があれば、勝っているときに、手仕舞って利益を確定するのは今だと明確に示すことはできる。 だが、それを実行するのはそれほど単純でも簡単でもない。

どうしてか。

第一に、仕掛けるために利用した自分の分析か何かの手段は、相場によって今、妥当性を認められている。

第二に、私たちはまさに期待どおりの結果を今、得ている。

そして第三に、私たちは勝って含み益を得ている状態にある。

これらはどれも極めて強い快感をもたらす。

これらの非常に前向きな感情に包まれていると、勝っている状況を客観的に評価するのがとても難しい精神状態に陥ることがある。 例えば、日常生活では、とても気分が良いときには当然ながら、その状態が続いてほしいと思う。

それはトレードで勝っているときでも同じだ。 ただしトレードでは、快感は利食いに必要な戦略とまったく相いれない。

勝ちトレードを手仕舞うべきという示唆があれば、強い快感をもたらしている経験を終わらせる気持ちが必要になる。 一方、手仕舞ったあともトレード方向に相場が動き続けたら、たぶん後悔の念にとらわれるだろう。

勝っているときには明らかに客観的でない精神状態に陥って、自分の手仕舞い戦略のシグナルを無視したくなりやすい。 あるいは、思惑どおりの動きが終わりつつあることを示す情報は真に受けなくなりやすい。

これはたやすく想像できるだろう。

しかし、それほど明白でないこともある。

勝っているときには安心感や幸福感に浸りやすくなるが、そうなると、「何も問題ないと分かっているのだから、何もする必要はない」と思ってしまうのだ。 私が言っているのは、勝っている状況がいつまでも続くと思う幸せいっぱいな気分のことだ。

言うまでもなく、幸せいっぱいというのは間違いなく素晴らしい精神状態だ。

だが同時に、タイミングよく利食いをするには大きな悪影響を及ぼす可能性もある。

だから、適切なスキル、つまりプロのように考える力がないと、理性的に考えているつもりでも感情に影響されて、相場がどう動きそうかは「分かっている」という考えに向かいやすい。 しかし、相場の状況は分かっていると思い込んでいるときの想定と、自分の手仕舞い戦略が要求しているシグナルはたいてい相反している。

それで、これなら安定した収入になると思える、計画的・組織的・体系的な手法に基づいて利益を確定させるのではなく、そのときどきの思いつきで利食いをすることになる。 時には取れたはずの金額よりもはるかに少ない利益で終わるか、もっと悪いことに、含み益が相当に膨らんだあと、結局は損切りで手仕舞うはめになることもある。

これはあまり気分の良い経験ではない。

だが、自分が何をしているか分かっていると思いながら、実は分かっていないときには、非常に避けがたいことでもある。

カテゴリー
投資

暴落でも利益がでる2020年のコロナショック

暴落でも利益がでる2020年のコロナショック

株式市場が大きく下落しているので、株式を保有している投資家は損失がでている人も多いでしょう。

通常の現物取引では、「安く買って、高く売る」ことをしないと利益がでないからです。 株式市場が暴落したときは、含み損を抱えるか、損切りして損失を確定させるしかできません。

しかし空売りは「売り」から取引できるので、下落相場でも利益をだせます。

株式市場の今後の動きを予想することは困難ですが、下落相場が続いても空売りを利用すれば利益を狙えるのです。 そして空売りは、短期間で利益を得られる可能性が高いと言われています。

一般的に、株価は上昇するよりも下落するスピードの方が速いからです。

心理学的に見ると、人は「利益で得られるうれしさ」と「損するのが嫌だ」という心理は同じ大きさではありません。 実は、「嫌な気持ちの方が2倍以上強い」と言われているのです。

投資においても損失は嫌なので、「自分の利益が減る、または損失が膨らむ前に早く売っておこう」という心理が働きます。

株価は、時間をかけてじっくり上げていきますが、株価が上がりすぎると、一部の投資家から「利益を確定する売り」がでてきます。 そして、その動きを見た投資家の多くも利益確定の売りをだします。

結局、売りが売りを呼び、株価は大きく下がるのです。

米国を代表する株価指数である「NYダウ」のチャートを題材に話します。 2020年はコロナショックが起こりました。

そしてNYダウは、2月の過去最高値29,568.57ドルから、3月の安値18,213.65ドルまで38.5%も急落。

この下落率は、2008年のリーマンショックの54.4%に次ぐ規模になっています。 数年かけてゆっくり上昇してきた株価が、天井に達してからは大きな陰線で下落しているのがわかります。

陰線とは、株価の動きをローソク足で見たとき、始値に比べて終値が安かったときに黒や青で表示することです。 この陰線は、天井から少しでも利益が減ることを嫌う投資家が作りだしているもの。

もちろん、下げのきっかけは新型コロナウイルスの感染拡大なのですが、利益の目減りは単純に利益が減るだけでなく、「損失が増える」と投資家が考えるため、売りが売りを呼んで下げるときのスピードは上げるときより何倍も速くなるのです。

カテゴリー
投資 投資信託

毎月分配型投資信託なら、毎月利益がもらえる?もらえない?

変わり種の投資信託の一種に毎月分配型投資信託というものがあります。

名前を一見すると、毎月利益がもらえるように錯覚してしまいます。 そして指標の値動きに連動するだけの、地味なイメージのインデックスタイプよりも魅力的に見えます。

実際に、過去にはこの毎月分配型投資信託が非常に人気のある時代がありました。ですが、ご注意ください。

毎月分配型の多くは、毎月利益がもらえるわけではありません。

簡単に言いますと、運用がうまくいったときは、利益がもらえますが、そうでないときは、投資した元本を払い戻したお金が分配金として支払われます。

これは、高い手数料を支払って、貯金を引き落としているような状態です。 このように元本を取り崩してしまうため、毎月分配型では複利効果も発揮しにくいのです。

おさらいですが、現役時代のお金の使い方で正しいのは、複利効果を最大限に発揮することでしたね。 ちなみに、金融庁管轄のつみたてニーサの対象銘柄条件には「毎月分配型でないこと」と明記されています。

そのため、つみたてニーサに毎月分配型はありません。

この点からも、毎月分配型は長期の資産形成には向かないことが分かります。

一方でインデックスタイプの投資信託は、分配金が少なかったり、分配金がなかったり、分配金を自動的に再投資するものもあり、利益をすぐに手にしたい人には魅力的に見えません。

ですが、声を大にして言います。

「一見して地味に見える、インデックスタイプの投資信託こそが、合理的な投資対象なのです」大事なことなのでもう少し詳しく解説します。

指標は言い換えれば平均点のようなものです。 ですが、小学校の算数のテストの平均点をイメージしないでください。

確かに小学校のクラスの平均点なら、子供同士の学力差で平均点は低い状態です。

これなら、少し頑張れば平均点を超えられます。

しかし、投資でイメージすべきは、そのテストを解くのが、先生たち=プロフェッショナル、だという状態です。 先生たちが解きますので、平均点は非常に高いですね。 おいそれとは平均点を超えられません。

少々乱暴な解説でしたが、大切なことは、毎月分配型投資信託などの目先の利益につられることなく、真に合理的な金融商品を選択肢に入れてほしいのです。