カーテン おしゃれ

カーテンで狭く感じない柄とは

窓

季節にあわせた2パターン

今、私が使用しているカーテンは季節に合わせて二パターンあります。通年用にグリーンのカラーのストライプと夏用に白地に青の小鳥だったり、色々手書き風の絵が描かれているカーテンです。グリーンのカーテンは家を新築した際に注文したものなのでお部屋のイメージも合うし、大人っぽく、季節問わず使えるので気に入っています。白地の方は柄はかわいい感じですが基調がブルーなのですっきりさっぱりしてみえ、夏にぴったりです。こちらはお店で選んで購入したものです。不満な部分はどちらも洗濯すると、少し生地が傷んでしまうことです。あと緩いドレープが取れるというのも不満です。私はしょっちゅう洗濯をしたい方なので洗濯してもへこたれないカーテンがあると便利なのになと思っています。

カーテンの柄で工夫すること

しかし、柄によっては子供っぽくなってしまう時もあるのでそこも注意が必要です。あくまで柄は控えめにそして大人っぽくが重要です。カーテンによってはお部屋の広さも決まってしまうので狭く感じないようにする工夫も必要です。そのため、柄はストライプだったり、縦に模様が描かれているものがベストだと思います。この工夫をするだけで、お部屋が狭く見えてしまうことを防げるので便利ですよ。

くつろげるデザインのカーテン

私はお部屋ではゆっくりと寛ぎたいと考えています。ですのでもし今後、カーテンを新調するとしたら、イメージするのはナチュラルでシンプルな感じです。南国のホテルも好きなのでそれもイメージします。そうなると合わせるカーテンも落ち着いたカラーで派手過ぎない柄が入っているものがいいなと思います。無地だと地味過ぎるなと感じるのでやはり柄は必須です。

(美波さんのカーテン事例)

 

 

体験談&感想の投稿